近江牛 カネ吉山本

放射性セシウムを含む稲わら等を与えられた牛肉に
関する問題について (2011/7/22、7/28、9/25、11/2)

謹啓
平素は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
放射性セシウムを含む稲わらが複数県で流通し食用牛に与えられた件につきまして、ご報告申し上げます。
カネ吉山本で取り扱っている「近江牛」に関しまして、契約牧場である岡崎牧場(滋賀県蒲生郡)はもとより、滋賀県食肉市場に上場され取引となる各牧場ともそのほとんどが旧知でもあるため、以前よりどのような餌を与えられ飼育されたかなどの状況はほぼ把握できておりましたが、今回の件を受けまして、牧場からその飼料の出荷元までを含めた調査を改めて行い、関東以北の稲わら等が使用されていないことを再確認いたしました。

加えまして、(滋賀)県としての調査結果が出ておりますので、合わせてご報告申し上げます。
東北・関東地域からの稲わら等の流通・使用に関する調査結果について (2011/07/21)
※「近江牛」とは、すべて滋賀県産牛です。
※ ただし、県に対して、上記調査だけでは不十分ではないかと疑義を伝えましたところ、畜産農家を個別訪問しての調査を行っているとの回答を得ております。

(2011/7/28 追記)
なお、放射性セシウムを含む稲わらを与えられた可能性のある牛の肉(滋賀県産でない)が滋賀県内にも流通していることが判明していますが、該当牛肉の当店での取り扱いはないことを、念の為申し添えておきます。
精肉店で取り扱う牛肉はすべて個体識別番号で管理されており、問題のある該当の牛肉だけでなく、その疑いがないかなども含めまして、当店でも念の為逐一確認しております。結果として、該当牛肉の当店での販売実績はございません。また、今後も、その危険性、可能性のある牛肉を仕入れたり、販売することはございません。
※ 牛個体識別番号は、このページから、または商品に貼付・同梱しており、お客様からもご確認いただけます。

(2011/9/25 追記)
現在は、県による全戸検査が行われ、安全性が確認されています。
牛肉の放射性物質の調査結果/滋賀県

(2011/11/2 追記)
現在は、県による全頭検査が行われ、安全性が確認されています。
牛肉の全頭調査結果/滋賀県


カネ吉山本は、現在も、これからも、これまで通りの安全と安心をお約束します。
今後とも、カネ吉山本を宜しくお願い申し上げます。

敬白


 平成23年7月22日
株式会社カネ吉ヤマモトフーズ
代表取締役社長  山本卓次

Copyright(c) 2011 Kanekichi Yamamoto Foods, Co.,LTD